スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログお試し引越し♪ 

野風草のホームページが、先月で利用できなくなって、次なる展開が定まるまでは、取りあえずは、ブログとfacebookで発信しようと思っています
そこで、ブログをよりホームページ的に使えるライブドアに、お試しで替えてみることにしました
すでに、第一弾の投稿はしました

新しいブログはコチラ
 http://nofuzo.blog.jp/

スポンサーサイト

『放射性水蒸気が激増する悪寒』(飯山一郎さんのブログより) 

飯山一郎さんの昨日と今日のブログは、かなり危機的な状況を予測してますが、果たして、いか に
思わず、地球儀を手にとって、クルクル回してしまいました

以下、抜粋。

【7/21のブログより】

原発ムラ、政府、マスコミは、尋常ではない多死・多病社会の到来をヒタ隠しに隠しているが…、『2ちゃん原発情報』を見ると、昨今の訃報の多さが実感できる。
死亡多数で、冠婚葬祭互助会が破たん寸前。掛け金戻らず、葬式出せず。葬式出せても火葬が出来ず。という死者を弔う面での機能マヒも起きているようだ。

ともかく今年の夏は、老若男女が熱中症でバタバタ倒れてゆく。病名は「熱中症」でも、実態は、ストロンチウムが核変したイットリウムが膵臓に集中して臓器不全を起こす新型の疾病だ。

真っ先に倒れてゆくのは…、今までの4年半の間、免疫力を向上させるなどの放射能対策をしなかった脳天気人間である。

だっから、『放射能ゼロ空間』に住み、乳酸菌を自宅培養し、豆乳ヨーグルトも自宅でつくって食べ、血流を促進させる運動をして、ハラが減っても小食・粗食で我慢の人生を送ってきた人たちは、余計な心配をしないで今までの生活を続ければ良い。

ただし…、
連日連夜、フクイチの地下から噴出している放射性水蒸気を吸わないように! 湿度が異常に上がったら除湿機を回した部屋に籠っているように!

なんせ…、
核燃料の臨界熱で大量の水蒸気をつくってタービンを回して発電するのが原発(原子力発電所)なんだが…、今は、その核燃料が地中に融け落ちて再臨界し、地下水や海水を大量の湯気や水蒸気にして青空天井に噴出させている。

この水蒸気は殺人ガスなので、絶対に吸ってはいけないモノなのだ。だが今、1億人の日本人がソレを吸ってしまっている…。

だから、多死・多病社会は、近々、一気に到来するだろう。
いや、すでに到来している!と思うべきで、そのほうが、危機管理は上手くいく!  (飯山 一郎)


【7/22のブログより】

昨日のフクイチのライブカメラの映像は、衝撃的だった。
4号機側からのクリアーな映像が、地下での小規模な水蒸気爆発によって、アッという間に前面が一気に真っ白になってしまったからだ。
これだけ大量の水蒸気と湯気を発生させる熱源は、大変な超高熱で、質量(ガサ)も巨大だろう。

いっぽう、同じ時刻の1号機側からの映像は、湯気なしのクリアな風景で、これが延々と続いた。

鷲の顧問格の某核物理学者は、

「今までは3号機の溶解デブリからの湯気だったが、昨日の水蒸気爆発は、1号機または2号機のデブリが地下水脈に接した可能性もある! デブリが2個になった…鴨夜。」

とコメントしてくれた。おそろしいコメントだ。

なぜなら、デブリが2個になったら…、これから益々大量の水蒸気(ウエット)と、熱気団(ドライ)の噴出絶対量が激増するだろうからだ。

このドライな熱気団とウエットな水蒸気の熱源は、どちらも地下に沈んで再臨界に達した核燃料だ。

これは、地下・地中に出来た新しい原子炉=露天原子炉だ。

青空天井の露天原子炉が二つ! 近々、三つになる…鴨!

ともかく今、フクイチの露天の原子炉から全核種のホットパーティクル(超微粒子の放射性物質)が青空天井=開放空間に向けて噴出され、 拡散しているのだ。

そのホットパーティクルを数ヶ月間に渡って吸い続けた数千万人~1億人の日本人。この4年半の間に吸い込んだホットパーティクルによる内部被曝もある。

この複合的な内部被曝は致命的に深刻だ。

よほど免疫力のある人でも、最大、あと10年~15年しか生きられない!というほど深刻だ。

日本民族の全滅・消滅は決定した! と断言できるほど深刻だ。

しかし、
生と死、天国と地獄、幸・不幸を分けるキーポイント・秘訣は、やはり、免疫力だ。

そうして、死ぬ直前まで健康体でいて、ある日、ポックリ心筋梗塞で突然のあの世逝き!になるような生き方をしよう!

日本民族の全滅・消滅は決定した!と、覚悟すべき事態だからだ。
後世…、
「日本人は、なかなか死に際の良い民族だった…」 と言われるような死に様を見せようぜ!>皆の衆 (飯山 一郎)
 

ブログ全文は、コチラ
 http://grnba.com/iiyama/index.html#ss07221

尾白川渓谷散策♪ 

今日も暑くなる予報だったので、おにぎり握って、おやつのモモを持って、体験ステイのMさんと、尾白川へGO
 P1150178.jpg

平日ということもあってか、人影も疎ら。。。
 P1150182.jpg

すでにここで、お腹が空いたので、おにぎりを頬張ってから、川沿いに上流へ向いました
 P1150184.jpg

千ヶ淵到着、オー、エメラルドグリーン
 P1150187.jpg

ワンチャンも泳いでます
 P1150186.jpg

しかーし、ものすごく冷た~い
P1150189.jpg

毎年、夏にはここで泳ぐことにしていて、クラクラするほどの冷たさですが、泳いだ後の爽快感は、それはそれは半端ないのです 
体と頭と心にくっ付いている余分なものが、一気に落ちて、まさに禊(みそぎ)ですね
 P1150191.jpg

対岸の滝の下に到着、何度か激しく飛沫をあげる流れの中に突っ込んでは、ドドォーと流される感覚を楽しんでから、
 P1150196.jpg

崖をよじ登って、滝に接近しましたが、滝の15m手前くらいで、水量がいつもより多く川を渡れず、そこまで。。。
この写真は、泳がずに崖を歩いて回ったMさんが、間近で撮りました。
そこの雰囲気は、気持ちいい風が吹き、全く別次元だったそうです
 P1150202.jpg

水から上った後は、日向の大きな岩に張り付いて、冷えた体を温めました
そして、おやつのモモを食べて、また、川沿いに戻ったのでした。
 P1150206.jpg

帰りは、途中、近くの温泉に立ち寄ってから、野風草に戻って、西表島キャンプの写真を見ながら、自家製豆乳ヨーグルトを食べました
本日の体験は、これにて終了
 P1150208.jpg

”海の日”に、”風の草刈り”~♪ 

今日は、昨日と違って、梅雨明けらしく、すっきりくっきり晴れ渡りました
野風草から望む八ケ岳も男前です

  P1150177.jpg

さて、野風草の庭の草を前回刈ったのは、約一ヵ月前のこと。
つんつんと伸びてきたので、今朝、暑くなる前に、”風の草刈り”をしました

玄関前のアプローチの草刈り前と後
 P1150170.jpg

 P1150173.jpg

庭の草刈り前と後
 P1150171.jpg

 P1150174.jpg

これで一段と風通しのいい庭になって、さわやかな夏を過ごせることでしょう 

海の日に、新しい時代の始まりを!! 

コレは、今朝、facebookで見たものです。
そのコメントごと、シェアです。
ぜひ、動画で、この若い女性の生の声をお聞きくださいね


 「わたしは、戦争で奪った命を元に戻すことができない。空爆で破壊された街を建て直す力もない。自分の責任の取れないことを、あの首相のように『わたしが責任を持って』とか、威勢のいい言葉にごまかすことなんてできません」

 こう訴えたのは、寺田ともかさん(21)だ。衆院特別委員会で安全保障関連法案、いわゆる「戦争法案」が強行採決された2015年7月15日、若者ら有志の「SEALDs KANSAI」が大阪・梅田駅のヨドバシカメラ前で緊急街宣アピールを行った。この日、寺田さんがサウンドカー上で行ったスピーチは多くの反響を呼び、今もネット上で拡散し続けている。

 「安倍首相、二度と戦争をしないと誓ったこの国の憲法は、あなたの独裁を認めはしない。国民主権も、基本的人権の尊重も、平和主義も守れないようであれば、あなたは、もはやこの国の総理大臣ではありません」

 寺田さんは安倍総理に退陣を迫り、「民主主義がここに、こうやって生きている限り、わたしたちはあなたを権力の座から引きずり下ろす権利があります」と主張。「あなたはこの夏で辞めることになる。わたしたちは、来年また戦後71年目を無事に迎えることになるでしょう」と宣言した。

 以下、スピーチの動画と、全文書き起こしを掲載する。
   http://iwj.co.jp/wj/open/archives/253905

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。